注文住宅を選んで良かったと思えた点

新築の一戸建ての家を建てた時に私が良いと思ったのがやはり注文住宅を建てた事でした。

注文住宅の良い点は建売住宅とは違って自分で家のデザインができる点です。

ただ、注文住宅にも少しデメリットがあります。

それは建売住宅よりもコストが高くなる点です。

中には新築の家を建てるなら少しでもコストが安い方が良いと考える人もいるかと思います。

確かにそのように思ってしまう事はありますが、建売住宅にはない満足感が注文住宅にはあります。

では、実際に注文住宅を建てて何が良いと思ったかというと注文住宅を建てた事で細部まで自分の望む家になったのが良かったです。もし、建売住宅を建てていたら満足で来てなかったと思います。

その根拠は私とほぼ同じ時期に新築の家を建てた友人がいたのですが、その友人はコストを優先して

注文住宅を建てたのですが、その家を見せてもらうとどこかで見たような家で全く特徴がない家だと思ったというのがありました。

これではせっかく家を建ててもアパートの部屋を買ったような感覚になると思いました。

ですが、私は注文住宅を建てたおかげですごく特徴がある家になりました。

私はせっかく家を建てるならどこかで見たような家にはしたくないと思っていました。

そのために多少コストは高めになっても仕方ないと思っています。

最初こそどんな家になるか不安があったので費用も気にしていたというのはありましたが

実際に建った家を見たら多少費用は高くなっても注文住宅にして良かったと思いました。

また、注文住宅にした事で私の意見だけでなく家族も自分の希望を取り入れる事ができたのが良かったです。これが建売住宅だったらそんな風になってなかったと思うので費用では少し不満に感じたとうのはありましたが、それだけの価値はあったと思っています。

もし、費用をケチって建売住宅にしていたら後悔していたと思います。

なので、結果的に注文住宅にして良かったと思っています。