快適な新築について

新築を作る時は、以前に住んでいたところよりもはるかに快適に過ごすことができるように考えます。その時、快適に過ごすことが出来るとはどんなことなのでしょうか。ここでは、私が考えて実施した、快適な新築についてご紹介します。

・断熱効果が有ること

新築の場合は、ほとんど断熱材が使用されていることが多いので、冬は暖かく夏は涼しく過ごすことができます。実家と比べると、ほんとうにその違いについて知ることが出来るのです。特に家の構造として、そのように快適に過ごすことができると、とても助かりますね。毎日のことなので、冬は暖かく夏は涼しいというのは、基本であると感じています。

・空気が澱んでいない

私の家の場合は、窓を多くしているので直ぐに換気をすることができます。焼肉をしたときに、その匂いが部屋中に立ち込めているということがありますね。そんな時、カーテンやそのほかのものに匂いが移ってしまうこともあるのです。そこで、換気扇を付けることによりその匂いをさっと逃がすことができます。リビングで焼肉をすることが多いので、そこは特に少し大きめの換気扇をつけて回すことにしています。すると、空気が淀むことがありません。

・キッチンが使いやすい

キッチンも毎日使う場所として、使いやすいことが望まれます。私が考えたのは、食器の棚はおかずに全て作ってもらうことにしました。そうすることにより、ごちゃごちゃした感じにならずに料理を作ることができます。また、食器を収納するときにそれらが地震などのときに割れることがないように、工夫をしています。飛び出してこないようにしているので、とてもいいです。

・お風呂が安全

お風呂についても毎日使う場所として、こだわりたいですね。そこで、まず考えたのはその床です。床は以前にタイルとしていたので、はいった瞬間にとても冷たく冬には大変でした。そこで、そんなタイルを使わずに、床は暖かく安全なものとしています。