家づくりの方法を知っておこう!

家づくりをする時には、大きく分けて二つの選択肢があります。それは「建売住宅」の家を買う方法と、「注文住宅」で家を作る方法です。建売住宅はハウスメーカーが作った家を見て、立地や値段と相談したうえで、気に入った場合に購入します。一方、注文住宅は、自分の好みの立地に、住みたいと思えるような家を一から作り上げる住宅のことをいいます。まだこの世に誕生していない家を、一から作り上げるという意味では、新築住宅を購入するだいご味を満たせる家づくりと言えるでしょう。さらに注文住宅を大きく二つに分けると、「フルオーダー方式」と「セミオーダー方式」に分けることができます。フルオーダー方式は、設計者や工務店と設計段階の最初から話し合いを持ち、家の建材や外観、間取りからバス、キッチンなどの設備まで、家にかかわるすべてのことを決めていく方法です。どのようなこだわりがあっても、それを実現することができる、究極の家づくりと言えるでしょう。ただし、そのような家を作るためには打ち合わせから設計図を作るまで、さらに施工にも時間がかかります。また費用も高くなるケースがありますので、時間と経済的な余裕がある人が選ぶ方法と言えるかもしれません。一方「セミオーダー方式」は基本的な仕様がある程度決まっていて、設備や外観、間取り等を依頼者が選択しながら家づくりをする方法です。特別な建築の知識がなくても、素敵で個性的な家を作れる方法のため、セミオーダー方式を選ぶ依頼者が多数を占めています。セミオーダー方式でも、かなり自由度が高く、個性的な家が立てられるためです。キッチンやバスシステムなどにこだわりがある人も、セミオーダー方式の注文住宅で、希望するキッチンやバス設備を組み込むことができます。家づくりをする時は、家づくりにはいくつかの方法があり、自由に選ぶことができるのだと知っておきましょう。そして、自分の理想の家を建てるためにはどの方法がいちばんいいか、考えてみましょう。