注文住宅で取り入れたい欧米スタイル

日本の家は狭い、外国の家は広々している、そんなイメージを持つかもしれません。それはある程度当たっています。全体的に日本の家はコンパクトであり、広い間取りにしないケースがほとんどです。一方で欧米の家というのは、とにかくゆったりとした設計になっており、優雅に暮らしたいというライフスタイルがあります。もちろん日本には日本の生活スタイルがあり、欧米をまねる必要はありませんが、良いと思える部分を取り入れたいという気持ちがあるものです。注文住宅ではそうしたことができるのが大きなメリットです。

日本の家が、特に家の中が小さく見えるのは、家の中が細かく間仕切りしているからかもしれません。それで開放感のある吹き抜けの設計にしてみることは、好まれるデザインの1つです。もちろん吹き抜けにすると、夏は良いのですが、冬は寒いのではないかという懸念がありますので、そのあたりの一長一短はあるものの、それでも吹き抜けの開放感や採光性、広々としたスペースは大きな魅力です。

そして欧米スタイルの特徴は、天然素材を多く使うことです。木のぬくもりを肌で感じることができる空間であり、床はフローリング、あるいはタイルも魅力です。そして自然の光や風を取り込むために、天井高にしてサッシを大きくし、広々した空間をアレンジするのです。確かに居心地よいリビングになりますし、そのリビングから見える洋風ガーデンを作ることができれば、爽やかで満足度の高い家づくりとなるに違いありません。

北欧や南欧、あるいは北米の住宅を作る工務店や業者があり、輸入のためのパイプを持っていたりします。欧米スタイルの家づくりをしたいのであれば、そうした実績を持つ業者を探すことです。また一部だけを欧米のような家づくりにしたいということであれば、その点を工務店と話し合うことができます。外観は普通でも、内観になると洋風のこだわりの家というのも、なかなか個性的で満足できることでしょう。