色々と拘りたいですが風呂場への道を綺麗に

家づくりで考えたいところとしてあるのは自分が求める住宅機能をしっかりと設置するということです。私が強く求めたいのは駐車場です。それも基本的に自分の家の建物の中に車が入れられるみたいなガレージの方式が望ましいです。場合によっては地下に入れる感じにするのもよいでしょう。こうした形にしますとさすがに家の耐久性といったようなものに影響がありそうな感じがするので、そのあたりをしっかりと高い性能として残せるような家づくりとしたいと考えています。ベランダなんかもそれなりに広くしたいとは思いますがそれ以上に気をつけて作りたいなあと考えているのが、まずはお風呂です。お風呂には色々とこだわりたいと考えていることではあるのですが、お風呂自体というのもそうなんですがお風呂に通ずる道というのを少し広めにとりたいと考えています。これは介護などのことも含めてそうしたほうがよいであろう、ということが10年以上先の話ではありますが、意識しているのでそこはしっかりとクリアしたいと考えているわけです。バリアフリーというほどのことではないにせよ老齢になっても住みやすいような感じの家にするというようなことを考えています。それができるようになりますと安心して住むことができるようになるからです。バリアフリーというのは悪くはないのですが完全にバリアフリーにしてしまうとまだ必要がない時にはどうしても過ごしにくい形になってしまうという側面がありますので、その点は注意しとかなければならないと言えるでしょう。少しでも住みやすい家にと言うのであればバリアフリーというのは別に住みやすいタイプの家というわけではないので勘違いしないようにしましょう。可変式などにすることによって、やり方次第ではバリアフリーになる、みたいな感じにできるのであれば個人的にはよいかなぁなんて考えています。そうした住宅の設備も折角なので欲しいところと思っています。