新築のカーテンについて

新築を作ったときに、その窓にはカーテンをとりつけることになります。カーテンを付けることにより、外からの寒さや暑さから自分を守ることができるのです。カーテンがあるとないとでは、全く部屋の温度に違いがあります。それだけ、家では大切な付属品ということになりますね。

しかしカーテンについては、そんなにこだわりがないと思う人もいます。そのことは、とてももったいないことです。カーテンにより、その部屋のイメージがかわることもあります。従って、カーテン選びは慎重に行いたいですね。

ここでは、私の家のカーテンについてご紹介します。

・カーテンの方がいい

カーテンと同じような作用のあるものとしてブラインドがあります。これも、外気温を遮断したりして効果を期待することができます。しかし使っていると、その掃除が大変と思うことがありませんか?細かいところを掃除しないといけないので、疲れてしまうのです。そのことからも、ブラインドよりもカーテンがいいと思っています。

またカーテンの方が無機質な感じではなく、なんとなく温かみの有る感じがしますね。布なので、その点で感じがいいと思います。

・部屋の壁紙とマッチさせる

カーテンは,どんな色がいいかと言うとその壁紙の色とマッチさせることをおすすめします。そうすることにより、部屋のイメージを作りやすいからです。違う原色のような色のカーテンだと、落ち着かない感じがします。そのようにくつろぎ空間として、その色を選ぶようにしましょう。

私の場合は、壁紙がブラウンなので同じブラウンのカーテンを選択しました。ブラウンにすることにより、部屋に違和感を感じることがありません。またその色は、安心できる、落ち着ける色だと思っています。

・黒い色は避けたい

色については、自分の好きな色を選択するといいでしょう。しかしあまり黒い色だと、ちょっと部屋が暗くなってしまいます。寝室等はいいかもしれませんが、リビングは明るい色がいいです。