エアコンの設置について

新築を作るときに、一番重要なこととして快適に過ごすことができる環境にすることです。私の場合は、特にそのことについて考えていました。毎日暮らす家なので、そのことはとても大切なことですね。そこで快適に過ごすことができるように、部屋の温度について考えています。

家の場合は、断熱作用があるのである程度夏の暑さや冬の寒さに対して対処することができます。それは以前に住んでいたところよりも、ずっとその快適さを感じることができるのです。そこで、新築では快適と思うことが多くなりました。

しかしいくら快適といっても、日本の夏の暑さはやっぱりエアコンがないと無理と思っています。そこでここでは、エアコンに関する家つくりについてご紹介します。

・エアコンは必須

新築を作るときに、部屋にエアコンを付けないという選択肢はないです。やっぱりこの暑さには、必要なんですね。冬の寒さは、なんとかなると思っても夏の暑さに対しては必要となります。快適空間を過ごすためには、最初から取り付けることをおすすめします。

・各部屋に必要

私の新築の場合は、各部屋にエアコンをつけることを考えていませんでしたがアドバイスにより一応エアコンに配線を行うことにしました。最初は、各部屋にエアコンなんてとんでもないと思っていたのです。ところが住んでいると、それは必要であることが分かりました。今では、各部屋にエアコンを設置しています。そしてそれは、本当によかったと思っています。

配線工事をするのは時間もかかるし、後から行うのは面倒と思ってしまうのです。新築の段階で全て配線をしていると、とても楽だと感じました。

・エアコンの位置について

エアコンの位置について、色々と考えることがあります。私の部屋の場合は、ベッドの頭元に有る形なのです。しかしそれは、地震が起きたときに落ちてくる危険性を思うと失敗したと思うようになっています。安全な場所にセットすることをおすすめします。