親との同居に適した新築住宅とは?

夫婦だけ、もしくは子供と一緒に暮らすためだけが、新築住宅を建てる理由に当てはまりません。自分の両親や配偶者の両親と一緒に暮らすために、新築住宅を建てたい世帯もいるからです。親との同居を考えて建てる場合、どのような間取りにすべきなのか、慎重に考えることをおすすめします。安易な計画で建ててしまうと、生活しにくい住宅を手に入れてしまいかねません。親との同居で家を建てる場合、現在は二世帯住宅を選ぶのが一般的です。見た目はやや大きめの戸建住宅ですが、内部に複数の世帯用として暮らしやすい工夫を凝らしているのが、二世帯住宅の特徴です。大きく分けて、3種類の二世帯住宅が存在します。完全分離型、部分共用型、完全同居型の3つです。まず、完全同居型の二世帯住宅については、戸建住宅とほぼ変わらない建物の構造をしています。玄関は1つだけ、キッチンやトイレなど内部の設備も全員で共用します。昔の大家族のように、頻繁に顔を合わせてワイワイ楽しく暮らすには最も良い二世帯住宅です。しかし、プライバシーを守るには難しいため、住宅を建てる前に親とよく話し合った上で決断するのが良いでしょう。完全同居型の二世帯住宅は、玄関の他、内部の設備を二世帯分用意する建て方です。1階部分を親が、2階部分を子供夫婦が利用するという風に、完全に生活を別々にしながら1つの住宅で生活します。壁で仕切って分ける方法もあります。相手の生活が見えないため、お互いのプライバシーを守れるのがメリットです。また、食事や就寝の時間など、お互いの決まった生活ペースを乱したくない場合にも有効です。完全分離型は魅力的な建て方ですが、3種類ある新築二世帯住宅の中でも費用が一番かかりやすい特徴を持っています。部分共用型は完全同居型と同じく、玄関が1つです。その他の設備については共用する部分、分離する部分を自由に判断し、住宅メーカーと相談しながら間取りを決めます。完全分離型よりも費用をコントロールしやすいメリットがあります。