建売住宅に不満があるなら注文住宅に注目!

家づくりの方法として「注文住宅」が注目されています。注文住宅は、建売住宅では満たされない家に対する思いを、反映できることが人気の秘密になっています。

建売住宅は、ハウスメーカーが作った、万人向けの家です。誰が住んでも満足できる仕様になっているのが特徴です。しかし、個性的な家に住みたいと思う人にとっては、物足りないと感じる箇所があるのも事実です。

「もっと、リビングが広ければいいのに」「この家に書斎があれば、完璧なのに」など、多少不満が残りつつ、建売住宅を購入する人も少なくありません。

建売住宅はすでに完成したものを購入するため、家を買う人の思いを反映することができないためです。注文住宅は、依頼者がいて初めて家づくりが始まるため、依頼者の思いを思い切り反映した家を建てることができます。

注文住宅の中でも最も自由度の高いフルオーダー方式の場合は、家に使う釘一本から、指定することが可能です。ただし、建築の知識がない人は、すべての建材や間取り、外観等に係ることを指定するのは難しいでしょう。

一般の方向けの注文住宅として、セミオーダー方式があります。セミオーダー方式は、基本的な家の仕様はすでにハウスメーカーや工務店が決めています。依頼者は、提示された選択肢の中から希望するものを選ぶ作業をするだけです。

組み合わせの可能性は無限にあるため、それでもかなりの個性的な家を建てることが可能です。

「もっと、広い理便があればいいの」とか、「書斎があれば完璧なのに」といった希望を反映した家を建てることができます。

見に行った建売住宅に、少々の不満を残しながら購入するよりも、注文住宅のセミオーダー方式で、自分の希望通りの家を購入したほうが、その後の長期住宅ローンの返済のモチベーションも高くなるかもしれません。

また家のグレードアップ、グレードダウンも可能なので、注文住宅だからといって、必ず費用が高くなるわけではないということも知っておきましょう。

住宅リフォーム総合情報 クレジットカードの即日発行じゃけん 英語上達の秘訣 女性向けエステ.com JALカード 生命保険の口コミ.COM 工務店向け集客ノウハウ 内職 アルバイト 住宅ローン情報